戻る

ヒラマサ 刺毒 中毒 粘液毒

海水

  • ヒラマサ画像
  • ヒラマサ画像
  • ヒラマサ画像
  • ヒラマサ画像
  • ヒラマサ画像
ヒラマサ画像 ヒラマサ画像 ヒラマサ画像 ヒラマサ画像 ヒラマサ画像

ヒラマサ(平政)

アジの仲間

別名: ヒラマサ・ヒラス・ヒラゴ・ヒラ・コマサ・マサ・ヒラコ・ヒラソ・ヒラサ
科目: スズキ目アジ科

ヒラマサの特徴

引きの強さや味の良さから釣り人に人気の魚である。磯からのカゴ釣りや船からの泳がせ釣り、ジギングなど釣り方も多彩。世界の温帯から熱帯域に広く分布しており、日本では琉球列島を除き、北海道の南部以南の太平洋岸や日本海にも回遊してくる。

Wikipedia

ヒラマサは、スズキ目アジ科に分類される海水魚の一種。アジ科魚類の最大種で、全世界の亜熱帯・温帯海域に分布する。食用になる。日本での地方名はマサ(東京)、ヒラス(大阪・高知・九州)、ヒラサ(瀬戸内海の一部)、ヒラソ(山陰)、テンコツ、ヒラソウジ(九州)等がある。 成魚は1m前後だが、最大で全長250cm・体重96.8kgの記録がある。約150種を含むアジ科魚類の最大種である[3]。体は前後に細長く、側扁する。体色は背が青緑色、腹が銀白色で、体側には太い黄色の縦帯がある。鰭条数は第一背鰭6-7棘・第二背鰭1棘34-36軟条・臀鰭2遊離棘1棘19-22軟条である。体表は細かい鱗に覆われ、側線鱗数は約200に達する。 ヒラマサ 2017.11.10 鹿島港 同属のブリ S. quinqueradiata に似ているが、上顎の上後端が角張らず丸みを帯びること、胸鰭が腹鰭より短いこと、体が側扁すること、黄色の縦帯が明瞭であることで区別できる[1][2][4][5]。 ブリとヒラマサはまれに交配することがあり、ブリマサまたはヒラブリと呼ばれる個体が水揚げされることがある。 全世界の亜熱帯・温帯海域に広く分布するが、赤道付近の熱帯海域では見られない。日本近海では北海道南部以南で見られる。沿岸や沖合いの浅い海に生息するが、水深825mからの記録もある。ブリより高温を好み、水温18-24℃の海域に多いが、これより低い水温で見られることもある。 単独か小さな群れで行動する。また回遊魚でもあり、日本の北海道南部や東北地方では夏に北上したものが出現する。遊泳速度は速く、時速50km以上で泳ぐことができる。食性は肉食で、遊泳する小魚・甲殻類・頭足類を追いかけて捕食する。 日本近海での産卵期は4-8月で、ブリより遅い。卵は球形の分離浮遊卵である。全長数cm程の稚魚は体側に6-10本の横縞があり、成魚とは模様が異なる[2][3][5]。ブリの稚魚も同様の模様があるが、ヒラマサの稚魚はブリの稚魚とちがって流れ藻に付かず、沖合いで生活する[4]。成長はブリより早い。寿命は最高で12年という記録がある。

ヒラマサの見た目の特徴・見分け方

ブリの仲間では最も体が扁平しており、ここから平政という呼び名が出たようだ。ブリと非常によく似ているので見分けにくいが、胸ビレが腹ビレより短ければヒラマサ、ほぼ同じならブリである。また、上あご後端の上角がまれければヒラマサ、角ばればブリである。体のほぼ中央に鮮やかな黄色の縞が1本走っている。

ヒラマサの毒・危険な部位

  • 刺毒
  • 中毒
  • 粘液毒
  • 危険!

亜熱帯地方、サンゴ礁域にすむ大型の中にシガテラ毒を持つものが報告されている。

ヒラマサの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印

身は淡紅色で歯ごたえも良く、味も一級品だといわれる。刺身や寿司だねはもちろん、塩焼きや照り焼きも美味しい。カマの塩焼きも極上の味。旬は夏。

ヒラマサのレシピ動画

ヒラマサのさばき方
ヒラマサでフルコース!!

ヒラマサの生態域・分布

南日本・北日本・日本海

ヒラマサの釣種

釣り船・磯・防波堤・釣り堀・筏・カセ・ボート・ソルトウォータールアーフィッシング

ヒラマサの釣場

外洋・沖合・岩礁・防波堤

ヒラマサの動画

Instagramでのヒラマサの投稿

Twitterでのヒラマサの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!