戻る

マガレイ

海水

  • マガレイ画像
  • マガレイ画像
  • マガレイ画像
  • マガレイ画像
  • マガレイ画像
マガレイ画像 マガレイ画像 マガレイ画像 マガレイ画像 マガレイ画像

マガレイ(真鰈)

カレイの仲間

別名: マガレイ・マカレイ・イシモチカレイ
科目: カレイ目カレイ科

マガレイの特徴

アカクチカレイとかクチボソと呼ぶ地方がある。中部日本以北、東シナ海から朝鮮半島、北の地方では千島列島からサハリンまで分布する。メスの方が大きくなり最大で50㎝近くなる。

Wikipedia

マガレイ(真鰈、学名:Pseudopleuronectes herzensteini)は、カレイ目カレイ科に分類される魚の一種。同属別種のマコガレイをマガレイと呼ぶ地域もある[1]。地方名に、アカガシラ(青森県弘前市)[2]、アカジ(宮城県仙台市、福島県いわき市)[2]、アカジガレイ(福島県)、アカガレイ(岩手県山田町)、オタルマガレイ(北海道函館市)[2]、クチボソ(新潟県、山形県)、マコ(新潟県)などがある。 漢名は「尖吻黄蓋鰈」、別名、地方名に黄蓋、小嘴、小口、狐鰈、沙板、長脖子魚などがある。 樺太、朝鮮半島、東シナ海から北日本海[3]、太平洋の福島から北海道沖、オホーツク海に分布する。体長は40-50cm。眼のある側の体色は黒褐色。背びれは64-80軟条、しりびれは50-62軟条[3]。両眼間隔に鱗はみられない。口が相対的に小さい。 水深150m以下の浅い海の砂泥底に生息し、底生動物を食べる。3-6月に産卵する[1]。 日本では主にトロール網漁や刺し網漁、底建網漁により、山形県、新潟県、北海道、青森県、岩手県、宮城県、福島県などで捕獲されている。北海道ではほぼ全道の沿岸で捕獲されるが、えりも岬より西の太平洋に最も多く、盛漁期5-7月、利尻島、礼文島周辺では11-3月、オホーツク海では8-12月が盛漁期となっている[4]。日本では、刺身、煮付け、唐揚げ、一夜干しの焼き魚などに利用される。特に山形県庄内地方[5]や新潟県では、クチボソは身に甘味がある美味な魚として珍重されている。庄内地方では6月後半から9月が旬とされる[6]。産卵期(子持ち)のメスは主に煮付けにされる。

マガレイの見た目の特徴・見分け方

マコガレイによく似るが、無眼側の尾の付け根付近と両サイドが黄色くなっていることで見分けられる。

マガレイの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し

旬は初夏から秋で、歯ごたえのある身はクセがなく、刺身や唐揚げなどが美味しい。

マガレイのレシピ動画

マガレイのさばき方と唐揚げのレシピ

マガレイの生態域・分布

北日本・日本海・瀬戸内海・東シナ海 ・オホーツク海

マガレイの釣り方

釣り船・投げ・防波堤・海釣り公園・ボート

マガレイの釣り場

外洋・沖合・内湾・砂地・防波堤

Twitterでのマガレイの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!