戻る

マフグ 刺毒 中毒 粘液毒

海水

  • マフグ画像
  • マフグ画像
マフグ画像 マフグ画像

マフグ(真河豚)

フグの仲間

別名: マフグ・ナメラフグ・ナメタロオ・メイジョ・マフク
科目: フグ目フグ科

マフグの特徴

45cm程度にまで成長するフグで、日本各地の沿岸に生息している。庶民的なフグで価格も安定しており、食用として人気。関東で食べられることが多い。

Wikipedia

マフグはフグ科に属する魚の一種。別名「クロフグ」、「ナメラフグ」、「フグトン」、「メアカ」、「モンツキ」など[1] 日本海、東シナ海に分布する[1]。 体長は40cmほどで、トラフグやシマフグよりは小型[1]。背面は褐色で、臀鰭が黄色を帯びる[1]。胸鰭後方と背鰭の基部に大きな黒い紋がある[2]。背鰭は12-17軟条、臀鰭は11-15軟条[1]。 甲殻類や軟体動物を食べる。 肝臓や卵巣をはじめ、皮や腸、血液にも強毒を持つ[2]。 筋肉が食用となる。トラフグよりも旨み成分が多い為、近年人気が高まっている。また、北海道の初山別村ではマフグ漁が盛んで、マフグ料理が村の名物として親しまれている。 稀にムキフグに加工された小さなものが店頭に並ぶこともある[3]。

マフグの見た目の特徴・見分け方

ヒレはやや黄色みを帯びることが多く、フグ科には比較的多い体表の棘が本種にはなく、なめらかな体表をしているため、ナメラフグと呼ばれることも多い。胸鰭の上に黒い斑紋がある。

マフグの毒・危険な部位

  • 刺毒
  • 中毒
  • 粘液毒
  • 危険!

卵巣と肝臓は猛毒。皮膚と腸は強毒。筋肉と精巣は無毒。調理する場合は専用の免許が必要。

マフグの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し
  • 星無し

少し水っぽいが、癖のない白身で差mざまな調理法に合う。また、一夜干しや干物にすると水が抜けて美味。手頃な価格で流通するので、大衆魚として食べられる。

マフグのレシピ動画

マフグのフルコース
マフグのタチポン 磯辺揚げ

マフグの生態域・分布

南日本・北日本・日本海・オホーツク海

マフグの釣種

釣り船・防波堤・海釣り公園・ボート・ソルトウォータールアーフィッシング

マフグの釣場

沖合・内湾・砂地・岩礁

マフグの動画

Twitterでのマフグの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!