戻る

カンモンハタ

海水

  • カンモンハタ画像
カンモンハタ画像

カンモンハタ(関門羽太)

別名: イシミーバイ・カンモンハタ
科目: スズキ目ハタ科

カンモンハタの特徴

南日本の太平洋岸と琉球列島に多い。サンゴ礁の礁湖など浅い海に普通に見られる。大きくても30㎝ほどの小型種。アカネバリとも呼ばれる。

カンモンハタの見た目の特徴・見分け方

体やヒレに濃い褐色の多角形の斑紋が無数にあり、網目模様になる。

カンモンハタの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し
  • 星無し

刺身や煮付けなど。

カンモンハタの生態域・分布

南日本・東シナ海 ・琉球列島

カンモンハタの釣種

釣り船・磯・防波堤・筏・カセ・ボート

カンモンハタの釣場

内湾・防波堤

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!