戻る

ロウニンアジ

海水

  • ロウニンアジ画像
  • ロウニンアジ画像
  • ロウニンアジ画像
  • ロウニンアジ画像
ロウニンアジ画像 ロウニンアジ画像 ロウニンアジ画像 ロウニンアジ画像

ロウニンアジ(浪人鯵)

別名: メッキ・ロウニンアジ・エバ・ジーティー・ジーティ・ガーラ・ジャイアントトレバリー・ヒラアジ・ローニンアジ・ジィティ・ガアラ
科目: スズキ目アジ科

ロウニンアジの特徴

釣り人がヒラアジと呼ぶ魚は、ロウニンアジやカスミアジに代表される体高が高くて体の平らなアジ科魚類の総称である。なかでもロウニンアジは、GT(ジャイアントトレバリー)の呼び名で、海のルアー釣りの最高のターゲット。生き餌を使った泳がせ釣りでは巨魚釣りというひつつのジャンルが誕生した。南日本の太平洋岸や琉球列島に多い魚だが、幼魚は黒潮に乗って北上し、四国沿岸や紀伊半島の河口などにやってくる。幼魚はまぶしいほどの銀白色の体をしているので、広くメッキと呼ばれるが、この中にはギンガメアジやカスミアジの幼魚もまじるため、メッキという呼び名は、これらの幼魚の総称である。

ロウニンアジの見た目の特徴・見分け方

体高が高く、全身が灰白色か薄墨色に覆われる。尾の付け根が細く締まり、大きく切れ込んだ尾びれが遊泳力の強さを表している。体に小黒点が散らばるものもいるが斑点の数は少ない。

ロウニンアジの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し
  • 星無し

小型は身が締まっていておいしいが、大型になるほど大味になる。刺身や塩焼きなどが美味しい。

ロウニンアジの生態域・分布

南日本・瀬戸内海・東シナ海 ・琉球列島

ロウニンアジの釣り方

釣り船・磯・防波堤・筏・カセ・ボート・ソルトウォータールアーフィッシング

ロウニンアジの釣り場

外洋・内湾・砂地・岩礁・防波堤・河口

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!