戻る

カタクチイワシ

海水

  • カタクチイワシ画像
  • カタクチイワシ画像
  • カタクチイワシ画像
  • カタクチイワシ画像
カタクチイワシ画像 カタクチイワシ画像 カタクチイワシ画像 カタクチイワシ画像

カタクチイワシ(片口鰯)

別名: シコイワシ・カタクチイワシ・イワシ・カタクチ・セグロイワシ・シラス・ヒコイワシ・セグロ・ドロメ
科目: ニシン目カタクチイワシ科

カタクチイワシの特徴

日本各地で見られる小型のイワシ。大きな群れを作って沿岸の表層を回遊する。しらす干しとして利用するほか重要な食用魚であり、沿岸の中・大型魚類のエサにもなっている。寿命は2~3年。全長は10~15cm。

カタクチイワシの見た目の特徴・見分け方

吻が突出し、下あごが上あごより短い。

カタクチイワシの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し

しらす干し、煮干しなど加工品がなじみだが鮮魚も美味しい。手開きで刺身、天ぷら、煮付けなどさまざまに料理される。

カタクチイワシの生態域・分布

南日本・北日本・日本海・瀬戸内海・東シナ海 ・琉球列島

カタクチイワシの釣種

釣り船・防波堤・海釣り公園

カタクチイワシの釣場

沖合・内湾・防波堤

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!