戻る

モツゴ

淡水

  • モツゴ画像
  • モツゴ画像
  • モツゴ画像
  • モツゴ画像
  • モツゴ画像
モツゴ画像 モツゴ画像 モツゴ画像 モツゴ画像 モツゴ画像

モツゴ(持子)

コイの仲間

別名: クチボソ・モツゴ
科目: コイ目コイ科

モツゴの特徴

西日本を中心に日本全国での生息が見られる。また、朝鮮半島やヨーロッパ、アジア各地での生息が確認されている。近縁種との雑交が多く、本来のモツゴの減少が問題視されている。また、ブラックバスや ブルーギルに捕食され水域によっては絶滅が危惧されている。雑食性で藻類や底生動物などを食べるが、アカムシなどの水中生物やプランクトンを好んで捕食している。寿命は約3年である。繁殖期は4~8月で、この期間はオスは婚姻色の黒っぽい色に変わる。生食用として流通することはないが、釣りなどで釣り上げられた際はよく唐揚げなどにして食べられる。

Wikipedia

モツゴ(持子、脂魚、学名:Pseudorasbora parva)は、コイ目コイ科モツゴ属の淡水魚の一種である。日本、中国を含む東アジアに分布し、都市周辺部においてもよく見られる。関東地方では、受け口の頭部形状に由来するクチボソ(口細)の別名でも知られる。関西地方ではムギツクをクチボソということがあり、新潟県などではマガレイを指すなど、カレイ科の魚を指す地方もある。他の地方名として、ヤナギモロコ(岐阜)、イシモロコ(滋賀)、ヤナギハヤ(群馬)などもある。湖沼や河川下流域、用水路、ため池、水田など幅広い淡水域に生息し、水草が豊富で流れの緩やかな浅底部に群れて生活する。泥底を好むが砂利やコンクリートにも適応する。天敵は人間の他にもサギやカイツブリなどの水鳥、ブラックバスやブルーギルなどの肉食魚がいる。1年で成魚となり、寿命は3年ほどである。

モツゴの見た目の特徴・見分け方

体色は銀白色で、体側線に明瞭な黒帯が1本入っているのが特徴的である。この黒帯は成長に従って薄れていく場合もある。タモロコやホンモロコに似るが、これらの魚たちは体色が白色で、体側に線もあるが、伸び方が異なっている。また、クチボソには口ひげがないのに加えて、口も名前の通りにおちょぼ口であるため、これらの点から見分けることが可能である。産卵期の雄は体が黒くなり、黒帯が見えなくなる。全長は8cm程度だが、飼育下では大型化する個体もいる。

モツゴの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し
  • 星無し

佃煮用の魚として古くから利用されてきた魚で、程よい苦味が癖になり、人気がある。主に唐揚げにして食されるが、天ぷらにしても身がふっくらしていて美味しい。焼き物としては、醤油焼きがおすすめ。皮目に香ばしさがあり、腸の苦味がお酒によく合う。淡水魚のため寄生虫がいる可能性があるので、生食はできるだけ避けたほうがよい。

モツゴのレシピ動画

モツゴの南蛮漬け

モツゴの生態域・分布

モツゴの釣り方

モツゴの釣り場

モツゴの動画

Instagramでのモツゴの投稿

この投稿をInstagramで見る

#魚 #モツゴ #調査

まだい(@mahi_chan3)がシェアした投稿 -

この投稿をInstagramで見る

#モツゴ #Pseudorasbora #fish

H Take(@takeuchi_inside)がシェアした投稿 -

Twitterでのモツゴの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!