戻る

クラカケトラギス

海水

  • クラカケトラギス画像
クラカケトラギス画像

クラカケトラギス(鞍掛虎鱚)

トラギスの仲間

別名: クラカケトラギス
科目: スズキ目トラギス科

クラカケトラギスの特徴

珊瑚礁海域をのぞく新潟県、千葉県以南の日本各地に分布。浅海の砂泥底にすむ。体側の暗色斑が鞍掛け状であることが和名の由来。船や投げ釣りのシロギス狙いにしばしば掛かる。15~20cm。

Wikipedia

クラカケトラギス(鞍掛虎鱚。学名:Parapercis sexfasciata)は、スズキ目ワニギス亜目トラギス科トラギス属の海水魚[1]。日本海、東シナ海、西太平洋、ジャワ海などの沿岸に生息し、産地では食用に利用される。 同属のトラギスとの混称で、トラハゼ(瀬戸内海)、ドウマル(広島県竹原市)、イモハゼ(広島県安芸地方)、ドンポ(長崎県南部)、オキハゼ(長崎県)などと呼ばれる。漢名は「六帯擬鱸」。 最大で12cmまで成長する。丸く細長い灰褐色の体に、頭から尻にかけて鞍を乗せたように濃褐色の斑列が6個所ある。尾びれの付け根上部に黒い斑点があり、他種と区別できる。背ビレと、尻ビレは、底が長くなっている。 西太平洋の日本、朝鮮半島南部、台湾、中華人民共和国、フィリピン、ベトナム、インドネシア、マレーシア、東チモール、パプアニューギニア、オーストラリア北部などの沿岸に分布する。日本では、関東以南の太平洋、瀬戸内海の沿岸などでみられる。本種の模式標本は長崎県産。 沿岸の浅瀬に住み、小型の魚や甲殻類を食べる。初夏に産卵するが、メスからオスへ性転換することで有名。 釣りで、本種を狙うことは少ないが、シロギス、トラギスなどに伴って捕獲される。日本では唐揚げ、天ぷら、刺身、塩焼きなどにすると美味で、骨まで食べられるが、専門的に捕獲される魚ではないため、産地でも市場で少量が取引されるのみである。

クラカケトラギスの見た目の特徴・見分け方

体色は」背側は薄茶~茶色で、腹側は白色。体側にV字状の暗色斑が並ぶ。

クラカケトラギスの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し
  • 星無し

淡泊な白身で天ぷらが美味しい。椀だねにも向く。

クラカケトラギスのレシピ動画

クラカケトラギスのさばき方

クラカケトラギスの生態域・分布

南日本・北日本・日本海・瀬戸内海・東シナ海 ・琉球列島

クラカケトラギスの釣り方

釣り船・投げ・筏・カセ・ボート

クラカケトラギスの釣り場

沖合・内湾・砂地

クラカケトラギスの動画

Instagramでのクラカケトラギスの投稿

Twitterでのクラカケトラギスの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!