戻る

ゴマサバ 刺毒 中毒 粘液毒

海水

  • ゴマサバ画像
  • ゴマサバ画像
  • ゴマサバ画像
  • ゴマサバ画像
  • ゴマサバ画像
ゴマサバ画像 ゴマサバ画像 ゴマサバ画像 ゴマサバ画像 ゴマサバ画像

ゴマサバ(胡麻鯖)

別名: サバ・ゴマサバ・マルサバ・ゴマ
科目: スズキ目サバ科

ゴマサバの特徴

ゴマサバは、マサバより暖かい海を好むので、かつて日本海側では若狭湾以南、太平洋岸では房総半島以南に分布していたが、水温の上昇やマサバの減少もあってか、最近では北海道の南部でも見られるようになった。春はエサを摂りながら北上し、冬は産卵のために南下する季節回遊魚である。

ゴマサバの見た目の特徴・見分け方

マルサバとも呼ばれるようにマサバより体高が低く、丸みを帯びる。成魚は体の中央付近から腹にかけて、ゴマのような斑点があるので、ゴマサバという呼び名がつけられた。

ゴマサバの毒・危険な部位

  • 刺毒
  • 中毒
  • 粘液毒
  • 危険!

鮮度が落ちるとヒスタミン中毒が起きるのは、マサバと同じである。アニサキスの寄生もマサバほど多くないといわれているが、生食を避けるなど気をつけた方がよい。

ゴマサバの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し

マサバは夏に味が落ちるといわれるが、ゴマサバは周年ほぼ味は変わらないので、マサバに代わって夏場に珍重される。高知県の土佐清水沖で取れるブランド魚の清水サバは、ゴマサバである。食べ方はマサバと変わらない。

ゴマサバの生態域・分布

北日本・日本海・瀬戸内海・東シナ海

ゴマサバの釣種

釣り船・磯・防波堤・筏・カセ・ボート・ソルトウォータールアーフィッシング

ゴマサバの釣場

外洋・沖合・内湾・砂地・岩礁・防波堤

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!