戻る

ハマダイ

海水

  • ハマダイ画像
  • ハマダイ画像
ハマダイ画像 ハマダイ画像

ハマダイ(浜鯛)

フエダイの仲間

別名: ハマダイ・チビキ・オナガダイ・オナガ・アカマチ・アカチビキ・アカマツ
科目: スズキ目フエダイ科

ハマダイの特徴

南日本の太平洋岸から琉球列島に分布する。沖縄ではアカマチと呼ばれているが、尻尾が長いため尾長と呼ぶ釣り人が多い。水深200~500mの深い海にすむ。

Wikipedia

ハマダイ(浜鯛) Etelis coruscans は、スズキ目スズキ亜目フエダイ科に属する魚類。赤い体と長い尾鰭が特徴の深海魚で、日本では高級食材として扱われる。地方名はオナガ、オナガダイ(東京)、アカチビキ(和歌山)、ヘイジ(高知)、アカマチ(沖縄)などがある。ハマダイ属 Etelis は、インド太平洋にハマダイを含む3種、西大西洋に1種の計4種が知られる。いずれも水深200-500mほどの深海に生息する。日本での別名「オナガ」(尾長)、および英名"Longtailed red snapper"は長く伸びた尾鰭に由来する。ハワイなどでは"Onaga"と呼ばれるが、これは日本での別名「オナガ」に由来する。アフリカ東岸から南日本、ハワイ、ロード・ハウ島、オーストラリア北岸まで、インド太平洋の熱帯海域に広く分布する。最大で全長120cmに達する。体は紡錘形で、背中が鮮紅色・腹側が淡紅色をしている。マダイよりも赤みが強く、前後に細長い体形である。尾鰭は深く二叉したV字形で、成長と共に上下両葉が長く伸び、大型個体では特に上葉が糸状になる。口は大きく下顎もがっしりしており、上顎の先端部には1-2対の犬歯がある。背鰭は棘条部で最も高く、軟条部との間で一旦低くなり、軟条部で再びわずかに高まる。目は大きく、両目の間は扁平である。生態が似ているヒメダイ属魚類は、背鰭がほぼ長方形に近く、両目の間が隆起するのでこの点で区別できる。食性は肉食性で、小魚・甲殻類・頭足類などを捕食する。美味な食用魚で、日本など地方によっては高級食材として扱われる。また、沖釣りの対象としても人気が高い。釣りの他に深海延縄などでも漁獲される。身は淡いピンク色で、癖のない白身である。刺身・焼き魚・煮物・揚げ物・蒸し物など、様々な料理に用いられる。

ハマダイの見た目の特徴・見分け方

体は細長く扁平する。全身が美しい紅色におおわれ、尾ビレが大きくてその両端が糸のように長く伸びる。

ハマダイの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し

沖縄では高級食用魚として珍重される。刺身や昆布締め、塩焼きや蒸し物、鍋料理なども美味しい。皮を残したまま霜降り造りにするのもよい。

ハマダイのレシピ動画

ハマダイの炙り

ハマダイの生態域・分布

南日本・東シナ海 ・琉球列島

ハマダイの釣り方

釣り船

ハマダイの釣り場

深海・外洋・沖合・岩礁

Twitterでのハマダイの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!