戻る

ヒラソウダ 刺毒 中毒 粘液毒

海水

  • ヒラソウダ画像
ヒラソウダ画像

ヒラソウダ(平宗太)

サバの仲間

別名: ヒラソーダ・ソーダガツオ・ヒラソウダ・ソーダ・ソウダガツオ・ソーダカツオ・ソウダ・ソウダカツオ・ヒラソーダガツオ・ソマ・メジカ・ヒラソーダカツオ・シブワ・メジ・ヒラソウダガツオ・ヒラソウダカツオ・ヒラソオダ
科目: スズキ目サバ科

ヒラソウダの特徴

ヒラソウダは、本州中部以南の太平洋岸に多い。紀州ではスマガツオ、他の地方ではメジカと呼ぶことも。これは目が口に近いからだ。外海の中層を群れになって泳ぎまわり、マキエをしながらイサキやマダイを狙っていると、目ざとくマキエを見つけて寄ってくる。マダイ釣りでは中層でヒラソウダが食うので、マダイのタナまで仕掛けが下りず、釣り人を困らせることもある。ただ、引きが強いので釣るのは面白い。

Wikipedia

ソウダガツオ(宗太鰹、騒多鰹)は、スズキ目サバ亜目サバ科サバ亜科マグロ族ソウダガツオ属 Auxis に属する海洋生条鰭類(硬骨魚類)である[1][2]。 同属に分類されるマルソウダ[2]・ヒラソウダ[1]の両種を指す混称でもあり[3]、両種はそれぞれマルソウダガツオ・ヒラソウダガツオと呼ばれる場合がある[4][5][6]。 太平洋など全世界の熱帯・亜熱帯・温帯海域に広く分布する肉食魚で食用に漁獲される[1][2]。 名前の由来は「鰹に似たれば〈鰹だそうだ〉といいしを、倒置したる魚名(=カツオに似た魚)」(広辞林)・「常に群集して、水面にしぶきを立てながら小魚を捕食する。(集まって騒ぐ・騒々しい)ということで『ソウダガツオ』の呼称は(騒々しく騒ぐ鰹)の意味」とされる[14]。漢字では「宗太鰹」「騒多鰹」と表記するが[2][1]、主にマルソウダを原料に作られる節は後述のように「宗田節」と表記される[11]。 また吻部が短く、目が口先に近づいていることから「メヂカ(目近)」の地方名で呼ばれることがある[3][15]。 食用として流通する際は2種を区別しないことが多く[16]、地方名も2種共通の名前が多い[2]。本ガツオ(標準和名カツオ)の漁獲量が少ない日本海側では単に「カツオ」と言えばヒラソウダを指す[13][17]。 その他の俗称としてはソウダガツオ[16]・メヂカ(メジカ、近畿地方)[16]・フクライ(宮城県気仙沼で両種を混称)などがある[1][2]。地方名は以下の通り。ヒラソウダ • シブワ - 静岡県伊豆半島西岸・沼津[1] • シロス - 高知県中土佐町などで幼魚を指す[1] • スマ・スマガツオ - 和歌山県串本町、徳島県阿南市・海陽町宍喰、高知県室戸市三津・宿毛市田ノ浦すくも湾漁協など[1]。標準和名スマは別の地方名がある • ソマ[17][19]・ソマガツオ[1] - 三重県尾鷲市[19]・熊野市や和歌山県串本町・那智勝浦町など[1](熊野地方) • フクライ[17] • メジ(近畿地方)、ヒラメヂカ(高知県)、シブタ・ミージカー(沖縄県)[11] • 20℃以上の水温帯で産卵する[3]。産卵期は春 - 初夏で、孵化後は1年で25cm前後・2年で33cm前後・3年で40cm前後に成長する[2]。 • 沿岸 - 沖合の表層を大群で回遊し[1][2]、内湾部・汽水域にはほとんど入らず[20]、水温が高ければ冬に釣れる場合もあるが春はあまり釣れない[21]。また水深が極端に浅い海域には回遊してこないが、沿岸部でもある程度の水深があれば回遊してくる場合があるため、釣り船のみならず外洋に面し海流が直接当たるような磯・防波堤・砂浜などでも釣れる[22]。 • 肉食性で幼魚期には小型の甲殻類を捕食し、成長するとイワシなどの小魚を捕食する一方でマグロ・カジキなど大型肉食魚に捕食される[13][2]。

ヒラソウダの見た目の特徴・見分け方

ヒラソウダとマルソウダは非常に見分けにくい。ヒラソウダはマルソウダより少し体高が高く、エラブタ上部の黒い斑紋が頭部の背面にある暗色域とつながっていればマルソウダ、離れていればヒラソウダになる.

ヒラソウダの毒・危険な部位

  • 刺毒
  • 中毒
  • 粘液毒
  • 危険!

マルソウダほど確率は高くないが、鮮度が落ちるとヒスタミン中毒を起こすことがあるので注意。血合い肉は食べないほうがよい。

ヒラソウダの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し
  • 星無し

新鮮なら刺身やたたきが美味しい。角煮や生節にもなる。

ヒラソウダのレシピ動画

ヒラソウダ お刺身

ヒラソウダの生態域・分布

南日本・東シナ海 ・琉球列島

ヒラソウダの釣種

釣り船・磯・防波堤・海釣り公園・筏・カセ・ボート

ヒラソウダの釣場

外洋・沖合・内湾・砂地・岩礁・防波堤

Twitterでのヒラソウダの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!