戻る

マアナゴ 刺毒 中毒 粘液毒

海水

  • マアナゴ画像
  • マアナゴ画像
  • マアナゴ画像
  • マアナゴ画像
  • マアナゴ画像
マアナゴ画像 マアナゴ画像 マアナゴ画像 マアナゴ画像 マアナゴ画像

マアナゴ(真穴子)

ウナギの仲間

別名: アナゴ・マアナゴ・メジロ・デンスケ・ハカリメ
科目: ウナギ目アナゴ科

マアナゴの特徴

北海道以南の各地、東シナ海に分布、沿岸の砂泥底にすむが、完全に成熟した卵を持つ親魚は沿岸では知られておらず、春から夏に南海の黒潮水域に移動して産卵すると考えられている。夜行性で魚類、甲殻類を食べる。

Wikipedia

マアナゴ (真穴子、Whitespotted conger、Conger myriaster)は、ウナギ目アナゴ科に属する魚類。浅い海の砂泥底に生息する魚で、美味な食用魚でもある。 最大全長100 cm[1]。全長は雄40 cm・雌90 cmほどで、雌のほうが大きい。ウナギに似た細長い体型をしている。体は褐色で側線上に白い点線が並ぶ。また、口を閉じた時に下顎が上顎に隠れるのも特徴である。大型のものは顎の力が大変強く、釣り等で捕獲する際には注意が必要である。 北海道以南から東シナ海まで分布し、浅い海の砂泥などの底質に生息する。昼間は底質に潜って休み、夜になると泳ぎ出て獲物を探す。食性は肉食性で、小魚、甲殻類、貝類、頭足類、多毛類などいろいろな小動物を捕食する。 ウナギ目共通の初期稚魚であるレプトケファルス幼生は春に現れる。浅海に接岸したレプトケファルス幼生がウナギ型の稚魚に変態を行う場所もよくわかっていないが、変態直後の稚魚は小石や貝殻に富んだ底質の場所で夜間採集により発見されており、昼間は成魚のように砂に潜るのではなく、海底の小石や貝殻の間に潜み、夜間活動してヨコエビ類を主体に摂食していることが解明されつつある[2]。 ニホンウナギと同様に産卵場所は長年の謎であったが、2008年水産庁の調査船開洋丸を使用して行われたウナギ産卵場生態調査により、産卵時期と場所が明らかとなった。産卵時期は6月から9月、場所は沖ノ鳥島南方沖の九州パラオ海嶺付近である[3]。 日本では重要な食用魚で、籠漁、あなご筒、釣り、延縄、底引き網などで漁獲される。7月から8月にかけての時期が旬である。 身は白身で濃い旨みがあり、ウナギより脂肪が少ない。天ぷらや蒲焼き、魚肉練り製品、醤油で煮て煮穴子とし、寿司種などにされる。 マアナゴを用いた郷土料理も数多い。 成魚だけでなく幼生であるレプトケファルスも食用とされる。高知県では「ノレソレ」と呼び、土佐酢にくぐらせて踊り食いにするなど、高級食材として販売されている。他にも関西では「ベラタ」[4]、兵庫県淡路島では「ハナタレ(洟垂れ)」などと呼ばれる。シラス漁で混獲されることが多く、関西でも春にはのれそれの名で飲食店のメニューに登場する。 アナゴはウナギと同様、血液と粘膜にタンパク毒を含む[5]。ウナギと違って含有量は微弱ではあるが、素人が調理する場合は刺身などの生食は避けた方がよい。毒物質はタンパク質であるため加熱すれば変性し毒性を失う。 ハカリメ(千葉県・和歌山県)、キンリョウメ・ギンリョウメ(和歌山県)、ホシアナゴ(兵庫県)、トオヘイ(大分県)、デンスケ(大きなマアナゴ:大阪)、ビリ(小さなマアナゴ:大阪)、メソ(小さなマアナゴ:東京湾)、ホンメジロ・メジロ(愛知県三河湾周辺・名古屋)など。 また、幼生であるレプトケファルスはナガタンクラゲ(和歌山県)、ノレソレ(高知県土佐地方)、ハナタレ(洟垂れ、兵庫県)、ベラタ(関西)などと呼ばれる。

マアナゴの見た目の特徴・見分け方

頭部や体の側線孔に顕著な白色斑がある。この白色斑が体側に一列に並ぶのがトレードマーク。

マアナゴの毒・危険な部位

  • 刺毒
  • 中毒
  • 粘液毒
  • 危険!

成魚の血液と体表の粘液に毒がある。加熱すれば消失する。

マアナゴの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し

天ぷら、寿司だねで美味しい。関西、瀬戸内地方では焼きアナゴも定番。

マアナゴのレシピ動画

マアナゴのさばき方
マアナゴのレシピ(煮穴子)

マアナゴの生態域・分布

南日本・北日本・日本海・瀬戸内海・東シナ海 ・琉球列島

マアナゴの釣種

釣り船・投げ・防波堤

マアナゴの釣場

内湾・砂地・河口

マアナゴの動画

Twitterでのマアナゴの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!