戻る

ナマズ

淡水

  • ナマズ画像
  • ナマズ画像
  • ナマズ画像
  • ナマズ画像
  • ナマズ画像
ナマズ画像 ナマズ画像 ナマズ画像 ナマズ画像 ナマズ画像

ナマズ(鯰)

ナマズの仲間

別名: ナマズ
科目: ナマズ目ナマズ科

ナマズの特徴

日本全国の淡水域で見られることができる。湖泥や用水路など水草の多い泥沼を好んで生息する。そのため水質の変化にも比較的強い。夜行性で暗闇を好み口ひげを使ってエサを探す。小魚や甲殻類、カエル、亀などを捕食し、日本の淡水域では食物連鎖の上位に位置する貪欲な魚である。空腹になると共食いを始めてしまうほどである。水温が10度を下回るとあまり活動しなくなる。オスがメスの体に巻き付くという交尾方法で、水草などに卵を産み付ける。性的に成熟するするまではオスは2年ほど、メスは3年ほどかかる。非常に敏感で神経質な性格をもつ魚で、地震を予知する能力を持つと噂されるほどである。

Wikipedia

ナマズ(鯰・鮎、学名 Silurus asotus)は、ナマズ目ナマズ科に属する硬骨魚類の1種。 日本・中国・朝鮮半島・台湾など、東アジアの河川や湖沼に生息する肉食性の淡水魚である。 別名としてマナマズ、琵琶湖周辺地域での地方名としてヘコキとも呼ばれる[3]。2005年に特定外来生物に指定されたアメリカナマズ(チャネルキャットフィッシュ)と区別して、ニホンナマズと呼ばれることもある。以降本種を「マナマズ」と表記する。体色や斑紋は変異に富み、個体によってさまざまである。全長60cm - 70cm程にまで成長し、一般に雌の方がやや大きい。 口ヒゲは上顎と下顎に1対ずつ、計4本ある。仔魚の段階では下顎にもう1対あり、計6本の口ヒゲをもつが、成長につれ消失する。下顎は上顎よりもわずかに長く突き出す。背鰭は小さいが(4-6軟条)、臀鰭の基底は非常に長く(71-85軟条)、尾鰭と連続する。外見だけで雌雄を鑑別することは難しいが、雄の尾鰭は中央部がやや凹んでいる[5]。 全身に味覚があることで知られ味蕾と呼ばれる器官が約20万程ありこれは全生物の中でも最多である[要出典]。 基本的に夜行性で、昼間は流れの緩やかな平野部の河川、池沼・湖の水底において、岩陰や水草の物陰に潜んでいる。

ナマズの見た目の特徴・見分け方

大きくて平な頭部と幅広い口を持ち、体型は楕円形。長い口ヒゲがナマズの最大の特徴。左右に1本づつのヒゲのみに見えるが、上アゴと下アゴに1対づつの計2対4本のヒゲが生えている。幼魚のころには下アゴにもう1対のヒゲがあり6本のヒゲを持つが、成魚になるにつれて1対は消えてなくなり、4本になる。体表はヌルヌルとした粘液で覆われおり、鱗は持たない。目はちいさくて背中よりの場所に位置しており離れている。体長は大きいもので70cmほどに達する。歯はヤスリのような形状をしており、様々な獲物はこのヤスリ状の歯ですり潰されて捕食される。また、人間と同じようにナマズは味覚を持っており、ヒゲを含めた全身を使って味を判別することができる。

ナマズの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し
  • 星無し

身はクセのない白身で美味。食味はウナギに似ているが、ウナギよりも脂ののりが良い。日本では食用としてはマイナーだが、ベトナムやタイなどでは非常にポピュラーに食べられている。しかし、有棘顎口虫や日本顎口虫などの寄生虫が繁殖していることが確認されているので、食す際には十分に注意が必要である。万が一食べてしまい、寄生虫が体内へ侵入してしまうと皮下組織内へと入り込み、ミミズ腫れのような症状が現れる。また、目や脳などに侵入してしまうと失明したり脳障害がでる可能性がある。これらの寄生虫は身の中までしっかりと加熱するか、48時間以上マイナス20℃以下の空間で冷凍するかで死滅させることが可能である。刺身などの生食で食べる際は、養殖されたものを食すのが好ましい。臭みがあるので、しっかりと泥抜きをし体のヌメリを取る下処理を行うことがナマズを美味しく食べるポイントである。蒲焼きやフライ、ムニエルなどに調理される。

ナマズのレシピ動画

ナマズのさばき方
ナマズのフィッシュ&チップス

ナマズの生態域・分布

南日本・北日本

ナマズの釣り方

バスフィッシング

ナマズの釣り場

淡水・川・池・湖沼

ナマズの動画

Twitterでのナマズの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!