戻る

オオサガ

海水

  • オオサガ画像
オオサガ画像

オオサガ

別名: ベニアコウ・コウジンメヌケ・オオサガ
科目: スズキ目メバル科

オオサガの特徴

水深500~800メートル程度の中深海に生息することが多い。関東ではメヌケと呼ばれ親しまれている本種だが、オオサガという名前は浸透していない。高級魚として市場に並ぶ。

オオサガの見た目の特徴・見分け方

メバル科の中では、大型の種でメヌケと呼ばれることも多い。全体的に鮮やかな赤色をしており、口腔内は白い。下顎はやや突出するが、顕著ではない。

オオサガの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印

焼き物、刺身、煮付けなど何でも美味しい。皮にも旨味があるため、皮霜造りにすると非常に美味しいが、流通量の減少から現在は非常に高級になった。旬は冬で、旬になると甘み・旨味ともに増加し非常に美味しい魚である。

オオサガの生態域・分布

北日本

オオサガの釣り方

釣り船・ソルトウォータールアーフィッシング

オオサガの釣り場

深海・外洋・沖合

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!