戻る

マハタ

海水

  • マハタ画像
  • マハタ画像
  • マハタ画像
  • マハタ画像
  • マハタ画像
マハタ画像 マハタ画像 マハタ画像 マハタ画像 マハタ画像

マハタ(真羽太)

ハタの仲間

別名: マハタ・ハタ・ハタマス・タカバ・カンナギ・ホンマス・カナ・マスアラ・ハタジロマス・ハタシロマス
科目: スズキ目ハタ科

マハタの特徴

ハタの仲間では、本州周辺でもっと普通に見られる種で、北海道の南部からサイパンまで広く分布している。幼魚は浅海にもいるが成長するにつれて深い海へ移動し、カンナギと呼ばれる老成魚になると水深200~300mの深海で釣れる。

Wikipedia

ハタ(羽太、英名:Grouper)とは、スズキ目ハタ科ハタ亜科 Epinephelinae に属する魚の総称。ハタ亜科はマハタ亜科とよぶ場合もある。すべてが海水魚で、熱帯から温帯の浅い海に広く分布し、ほとんどの種類は岩礁やサンゴ礁に生息するが、マングローブなどの汽水域に侵入する種類や、水深200m 以深の深海まで生息する種類もいる。成魚の大きさは全長10cm そこそこの種類から、全長2m を超える大型種まで様々である。多くの種類が雌性先熟の性転換を行うので、大きく成長した個体のほとんどはオスである。形態上の特徴としては、口が大きくて、下あごが上あごより前に突き出ること、体に対する頭とひれの割合が大きいこと、体の断面は下がふくらんだ楕円形であることなどが挙げられる。体色は種類や成長段階によって非常に多彩で、赤、橙、黄、青、灰色などの鮮やかな色が、水玉模様、大小の斑点、しま模様など様々に配されている。大型で色彩も美しく、食用でも美味な種類が多いので、観賞魚や高級食材として利用される。 形態上の特徴としては、口が大きくて、下あごが上あごより前に突き出ること、体に対する頭とひれの割合が大きいこと、体の断面は下がふくらんだ楕円形であることなどが挙げられる。体色は種類や成長段階によって非常に多彩で、赤、橙、黄、青、灰色などの鮮やかな色が、水玉模様、大小の斑点、しま模様など様々に配されている。マハタ Epinephelus septemfasciatus Convict grouper 全長1mほどになる大型種。極大まで成長したものをカンナギと呼ぶこともあり、ときに100kg程のものが釣り上げられる。体に7本の黒い横しまがあり、尾びれの先が白い。クエとよく似ているが、体がやや寸詰まりなことなどで区別する。よく似たマハタモドキ (Eightbar grouper Epinephelus octofasciatus)という魚もいるが、尾の先が白くないことで区別する。西日本から南シナ海まで分布し、岩礁やサンゴ礁に生息する。タイなどに代わる高級養殖魚として注目されている。

マハタの見た目の特徴・見分け方

体形はクエによく似ているが、頭から尾にかけて茶褐色の横縞が7本ほどありよく目立つ。この縞は、老成魚になると薄くなったり消えてしまうことがある。また、尾びれの後縁が白く縁どられているのも特徴。

マハタの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し

旬は夏。刺身や寿司だね、煮付けに鍋物と幅広く利用される。

マハタのレシピ動画

マハタの握り寿司と湯引きポン酢
マハタの塩焼き

マハタの生態域・分布

南日本・北日本・日本海・瀬戸内海・東シナ海 ・琉球列島

マハタの釣り方

釣り船・磯・筏・カセ・ボート

マハタの釣り場

深海・沖合・内湾・岩礁

マハタの動画

Twitterでのマハタの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!