戻る

マトウダイ

海水

  • マトウダイ画像
  • マトウダイ画像
  • マトウダイ画像
  • マトウダイ画像
  • マトウダイ画像
マトウダイ画像 マトウダイ画像 マトウダイ画像 マトウダイ画像 マトウダイ画像

マトウダイ(的鯛)

マトウダイの仲間

別名: マトウダイ・バトウ・モンツキ・マトーダイ・バト・モンダイ・ヤイトウオ・カガミ・クルマダイ・マトオダイ・ウマダイ・バトオ・マツダイ
科目: マトウダイ目マトウダイ科

マトウダイの特徴

本州中部以南に見られる。主に水深100~200mの砂底にすむが、浅所にも現れ、防波堤から釣れる地方もある。魚類やイカ類をよく食べる。生きエサを使ったヒラメ釣りなどにしばしば掛かる。30~50cm。

Wikipedia

マトウダイ(馬頭鯛、学名:Zeus faber)は、マトウダイ目マトウダイ科に属する魚類の1種。口が前に伸びて馬面になるが、体側面に弓道の的のような特徴的な黒色斑をもち、マトダイ(的鯛)などとも呼ばれる。地方名に、カガミダイ(福島県、千葉県)、ハツバ(千葉県小湊)、カネタタキ(新潟県、愛媛県宇和島市)、クルマダイ(新潟県、富山県、石川県、福井県)、モンダイ(石川県能登町宇出津)、バト(福井県)、バトウ(京都府与謝郡、島根県)、ツキノワ(鳥取県)、オオバ(山口県萩市)、ホンマト(愛知県豊橋市)、マトウオ(和歌山県太地)、マトハギ(和歌山県串本)、マトウ(兵庫県)、ワシノイオ(福岡県)などがある。マトウダイは西部太平洋・地中海・インド洋・東部大西洋に分布する海水魚である。日本の近海にも多く、本州中部から東シナ海にかけての沿岸域に生息する。温暖な海の海底付近で暮らす底生魚で、群れは作らず単独で遊泳していることが多い。通常の食性は魚食性で、ときおり甲殻類や頭足類を捕食する。産卵は冬から春にかけて行われ、具体的な時期は地域によって異なる。卵は分離性浮性卵で、仔魚および稚魚は浅い海で成長した後、次第に水深50-150mの深みに移行する。成長は比較的遅く、性成熟には4年を要することもある。マトウダイは左右に平たく、著しく側扁した楕円形の体型をもつ。全長40cmほどの個体が多いが、最大では90cmにまで達する。口は大きく斜め上向きで、前方に素早く突き出すことができ、そうやって餌をとらえる。稚魚の体はほぼ円形で、黒色~褐色の不規則な縦縞をもつ。マトウダイはいわゆる白身魚で、味が良いため日本を含む世界各地で食用として利用される。旬は産卵期の前で、刺身・煮付け・唐揚げ・フライ・鍋料理などさまざまな方法で調理される。 肝も大きいため食用とされる。

マトウダイの見た目の特徴・見分け方

体は平たく体高が高い。体色は茶褐色で、体側中央に白く縁取られた各職円斑がある。口は前方によく伸びる。

マトウダイの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し
  • 星無し

白身であっさりとしたな味わい。加熱するとうまみが出るが、調理の際、身割れしやすい。大きな肝は旨みが強い。

マトウダイのレシピ動画

マトウダイのお刺身・肝ポン酢
マトウダイの塩焼き・マヨソテー・兜煮

マトウダイの生態域・分布

南日本・日本海・瀬戸内海・東シナ海 ・琉球列島

マトウダイの釣り方

釣り船・筏・カセ・ボート

マトウダイの釣り場

深海・沖合・内湾・砂地・防波堤

マトウダイの動画

Twitterでのマトウダイの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!