戻る

テナガエビ

淡水

  • テナガエビ画像
  • テナガエビ画像
  • テナガエビ画像
  • テナガエビ画像
  • テナガエビ画像
テナガエビ画像 テナガエビ画像 テナガエビ画像 テナガエビ画像 テナガエビ画像

テナガエビ(手長蝦)

別名: テナガエビ・カワエビ
科目: スズキ目アイゴ科

テナガエビの特徴

温暖な地域の流れの緩やかな川を好み生息する。夜行性だが、曇りの日は日中も活動する。縄張り意識が強く、他の個体が縄張りに侵入してきたときは長い手を使って戦う。肉食性で魚の死骸や虫などを食べるが、藻などの水草を食べることもある。

テナガエビの見た目の特徴・見分け方

体長は3cmほどのものから20cmほど。若い個体は半透明をしており、成体は茶褐色になる。名前の通り発達した長い爪を持つが、これは成体のオスだけで、若いオスやメスは長さは普通である。

テナガエビの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し

素揚げや唐揚げ、アヒージョなどにして食べると非常に美味しい。殻ごと食べることができる。釣ってきた場合は泥がついている恐れがあるのできれいな水で2~3日飼育してから食べるのが良い。ただ、淡水で生活しているエビのため生食はやめておいたほうが無難である。

テナガエビの生態域・分布

南日本

テナガエビの釣り方

テナガエビの釣り場

河口・淡水・川・池・湖沼

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!