戻る

クロシビカマス

海水

  • クロシビカマス画像
  • クロシビカマス画像
  • クロシビカマス画像
  • クロシビカマス画像
  • クロシビカマス画像
クロシビカマス画像 クロシビカマス画像 クロシビカマス画像 クロシビカマス画像 クロシビカマス画像

クロシビカマス

別名: スミヤキ・クロシビカマス・ヤッパタ・ガランチョ・オキザワラ
科目: スズキ目クロタチカマス科

クロシビカマスの特徴

南日本の太平洋岸に見られる。全世界の熱帯~温帯域に分布する。その体色から「スミヤキ」と呼ぶ地方がある沿岸の深海にすむが、夜間には浮上し、定置網に大量に入ることがある。30~60cm。

クロシビカマスの見た目の特徴・見分け方

体は細長い。体色は背側が黒褐色~黒で腹側はメタリックな銀色。側線は胸ビレ上方で強く湾曲する。

クロシビカマスの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し
  • 星無し

真っ白な身に脂がのって美味しいが骨が多く調理しづらい。

クロシビカマスの生態域・分布

南日本・東シナ海 ・琉球列島

クロシビカマスの釣り方

釣り船

クロシビカマスの釣り場

深海

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!