戻る

キントキダイ

海水

  • キントキダイ画像
キントキダイ画像

キントキダイ(金時鯛)

スズキの仲間

別名: キントキダイ・アカメバチ・ショウジョウダイ
科目: スズキ目キントキダイ科

キントキダイの特徴

南日本に見られる。琉球列島ではまれ。大陸棚上の砂泥底にすむ。幼魚は内湾にも入る。25~30cm。

Wikipedia

キントキダイ (金時鯛、Priacanthus macracanthus)は、スズキ目キントキダイ科に属する魚類。広義には、キントキダイ科 (Priacanthidae) の魚の総称。 最大体長30 cm[1]。全身が光沢のある赤色をしている。体の割に腹鰭、背鰭、臀鰭が大きく、これらの鰭には褐色の丸い斑点が散らばっている。全身は小さく硬い鱗に覆われ、ザラザラしている。口は大きく、下あごが前に突き出ている。目が大きく、英名 "Red bigeye" や中国名 "大眼鯛" なども目の大きさに由来した名前である。瞳の部分は角度によって赤色や金色にも見えるため、地方名でアカメやキンメなどがある。ただしアカメやキンメダイとはまた別の魚である。 西日本の沿岸部から東シナ海、西太平洋、インド洋まで広く分布し、浅い海から水深300-400mくらいまでの、岩礁やサンゴ礁域に群れを作って生息する。夜行性で、大きな目は夜に泳ぎ回って獲物を探すのに役立つ。食性は肉食性で、小魚や甲殻類などを捕食する。 底引き網、刺し網、深海釣りなどで漁獲され、食用にされるが、現在は市場に出回る量が少なくなっている。 身が締まった美味な白身魚で、日本では刺身、煮付け、干物など様々な料理で食べられる。中華料理の福建料理、広東料理などでは、「大眼鯛」、「大眼鶏」などと称して、ミナミキントキなどと同様に、蒸し魚、「紅焼」と呼ばれる煮魚、「煎魚」と呼ばれる鉄板焼き、ショウガを加えた澄まし汁などにして食べられる。 ザラザラした鱗は皮ごと引くか、またはそのまま調理して食べるときに取り除く。 アカメ(長崎県)、ウマヌスット、キントキ、キンメなど

キントキダイの見た目の特徴・見分け方

体は平たくやや細長い。口は斜め上向きに開く。背ビレ、臀ビレ、腹ビレに多くの黄色円斑がある。

キントキダイの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し
  • 星無し

よく締まった白身で薄造りに向く。煮付け、塩焼きなども美味しい。皮が硬い。

キントキダイの生態域・分布

南日本・日本海・瀬戸内海・東シナ海 ・琉球列島

キントキダイの釣り方

釣り船

キントキダイの釣り場

深海・沖合・岩礁・防波堤

キントキダイの動画

Instagramでのキントキダイの投稿

Twitterでのキントキダイの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!