戻る

カムルチー

淡水

  • カムルチー画像
  • カムルチー画像
  • カムルチー画像
  • カムルチー画像
  • カムルチー画像
カムルチー画像 カムルチー画像 カムルチー画像 カムルチー画像 カムルチー画像

カムルチー(雷魚)

別名: ライギョ・カムルチー
科目: スズキ目タイワンドジョウ科

カムルチーの特徴

池や沼など、川の流れがゆるい水辺に生息する。空気呼吸をすることができて、水中の酸素濃度が低い劣悪な環境でも生息できる。肉食性をしており、カエルや昆虫、ネズミなどの小動物まで何でも食べる獰猛な魚である。1920年代に南アジアから持ち込まれ居着いた外来種だが、近年はブラックバスとの競争で個体数は減りつつある。

カムルチーの見た目の特徴・見分け方

東アジアに分布する肉食性の大型淡水魚で、大きいものは1メートルを超える。前後に長く、体側には不定形の細かい黒紋が現れる。口は大きく下顎が上顎より突出する。

カムルチーの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し
  • 星無し

体表のぬめりが生臭さのもとになるので、きれいに取り除く必要があるが、取り除いてしまえばきれいな白身をしており癖がなく美味。アジア圏では高級魚として市場に流れている。寄生虫がいる場合があるので、よく火を通してから食べることが重要。

カムルチーの生態域・分布

南日本・北日本

カムルチーの釣り方

バスフィッシング・コイ

カムルチーの釣り場

淡水・川・池・湖沼

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!