戻る

コトヒキ

海水

  • コトヒキ画像
  • コトヒキ画像
  • コトヒキ画像
  • コトヒキ画像
  • コトヒキ画像
コトヒキ画像 コトヒキ画像 コトヒキ画像 コトヒキ画像 コトヒキ画像

コトヒキ(琴引)

別名: コトヒキ・イノコ
科目: スズキ目シマイサキ科

コトヒキの特徴

南日本沿岸の浅所~汽水域にすむ。熱帯地方にも多い。シマイサキより大きくなり、50㎝に達する。ウキブクロを使って「グウグウ」という音を出す。鰓蓋骨に強く長い棘があるので要注意。幼魚は他の魚の鱗をかじりとる食鱗性があることが知られている。

コトヒキの見た目の特徴・見分け方

体は平たく体高はやや高い。銀白色の体側に弧状の黒色縦線がある。尾ビレには太い黒色帯がある。吻は丸い。

コトヒキの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し
  • 星無し

白身でくせがない。塩焼き、煮付け、唐揚げなどに向く。有害異形寄生虫の恐れがあるので生食は避けたい。

コトヒキの生態域・分布

南日本・日本海・瀬戸内海・東シナ海 ・琉球列島

コトヒキの釣種

釣り船・磯・投げ・ボート・ソルトウォータールアーフィッシング

コトヒキの釣場

内湾・砂地・岩礁・河口

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!