戻る

ホンモロコ

淡水

  • ホンモロコ画像
  • ホンモロコ画像
  • ホンモロコ画像
  • ホンモロコ画像
  • ホンモロコ画像
ホンモロコ画像 ホンモロコ画像 ホンモロコ画像 ホンモロコ画像 ホンモロコ画像

ホンモロコ(本諸子)

コイの仲間

別名: モロコ・ホンモロコ
科目: コイ目コイ科

ホンモロコの特徴

繁殖期は3~7月で繁殖時期になると大群で湖岸や水路に現れ産卵する。寿命は2~3年とされているが、産卵すると死ぬ。比較的流れの早い場所を好んで生息し、産卵場所も流れの緩やかな場所を選ぶことはない。

Wikipedia

ホンモロコ(本諸子、学名 Gnathopogon caerulescens)は、コイ科タモロコ属に属する淡水魚。別名はモロコ、ゴマモロコ、ヤナギモロコなど。元々はニゴロブナやハスなどとともに琵琶湖の固有種とされているが、近年では福井県の三方五湖をはじめ、山梨県の山中湖、長野県の諏訪湖、東京都の奥多摩湖などにも移植されている。普段は水深5 m以上の湖沼中層域に生息している。同じタモロコ属のタモロコと比較すると、体長がより細長く(大きな個体では約15cmに達する)、遊泳魚としての特徴を備えている。また口ヒゲはより短く、喉部が角張っており、体側の横帯がより淡いという点でもタモロコと区別される。主に動物プランクトンや水生昆虫、小型甲殻類などを捕食している。繁殖期は3 - 7月頃で、この時期になると大群で湖岸や水路に押し寄せ、1匹のメスを数匹のオスが追尾して、湖岸に生えている柳の根、草の根やヨシ、2cmから6cmの小石などに産卵する。産卵する水深は浅く、数cm で有るため水位変動の影響を受けやすい。孵化後、半年から1年で繁殖能力を備える。寿命は2 - 3年程度だが、産卵直後に死んでしまう個体も多い。本種は日本産コイ科の魚類の中でも特に美味と言われ、重要な水産資源となっている。琵琶湖では周年漁獲され、京都市内の料亭などへ高値で取引されている。特に冬に獲れる「子持ちモロコ」は琵琶湖の名物として珍重されている。塩焼き、煮物、天ぷら、唐揚げ、佃煮、南蛮漬けなど。

ホンモロコの見た目の特徴・見分け方

15センチ程度まで成長する。琵琶湖の固有種だが、近年では福井県や山梨県でも見られる。近縁のタモロコよりは体長が細長く、口ひげは短い。体側の横帯はほぼ見られない点でも見分けがつく。

ホンモロコの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し

コイ科の中では一番味がよく、白身で癖のない身が特徴。骨も柔らかく、天ぷらや焼き物にして食べると非常に美味しい。

ホンモロコのレシピ動画

ホンモロコの焼き物(酢味噌添え)
ホンモロコのから揚げ

ホンモロコの生態域・分布

ホンモロコの釣り方

渓流・トラウトルアーフィッシング・コイ

ホンモロコの釣り場

淡水・川・池・湖沼

ホンモロコの動画

Twitterでのホンモロコの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!