戻る

クロメヌケ

海水

  • クロメヌケ画像
クロメヌケ画像

クロメヌケ

別名: アオゾイ・アオソイ・クロメヌケ
科目: スズキ目メバル科

クロメヌケの特徴

北日本・北海道などの寒い海を好んで生息している。200メートル以下の浅瀬に生息するが、まれに中深層に生息する個体も確認されている。

クロメヌケの見た目の特徴・見分け方

50cm程度にまで成長する大型の魚で、ヤナギノマイに体側の模様が似ている。黄色~茶褐色の模様があり、北海道で確認される個体は鮮やかな黄色をしていることが多い。主上顎骨の鱗がないことが特徴で、この点で見分けることが可能。

クロメヌケの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し
  • 星無し

旬は冬で、透明感のある白身が美味。刺身で食べると程よくしまっているが、熱を通しても固くならない。皮は厚く、旨味があるので皮ごと調理のできる塩焼きや煮物が美味しいレシピ。

クロメヌケの生態域・分布

クロメヌケの釣種

釣り船・磯・防波堤・ソルトウォータールアーフィッシング

クロメヌケの釣場

沖合・内湾・砂地・岩礁

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!