戻る

マカジキ

海水

  • マカジキ画像
  • マカジキ画像
  • マカジキ画像
マカジキ画像 マカジキ画像 マカジキ画像

マカジキ(真梶木)

スズキの仲間

別名: カジキ・マカジキ・カジキマグロ・ストライブマリーン
科目: スズキ目マカジキ科

マカジキの特徴

インド洋と太平洋の温帯・熱帯域にすむ。外洋の表層を遊泳し、魚類や頭足類を食べる。食味はカジキ類中最上とされる。

Wikipedia

マカジキ(真梶木、学名 Kajikia audax) は、スズキ目マカジキ科に分類される魚の一種。水色の横縞模様が特徴的なカジキの一種で、日本近海を含むインド太平洋の暖海域に分布する。食用にもなる。Tetrapturus属に入れられていたが、現在はニシマカジキ(Kajikia albida)と共にマカジキ属を形成する。 学名 Tetrapturus audax はシノニムだが、こちらで掲載された文献も多い。日本での地方名はオカジキ(福島)ナイランボウ(千葉)ナイラギ、オイラギ(近畿)ナイラゲ(高知)ハイオ(福岡・熊本)などがある[1][2]。 成魚は全長3m・体重100kgを超える。上顎は細長く前方に伸び、尖った吻を構成する。背中は濃い藍色で、体側に鮮やかな水色の横縞模様が十数本走る。体型は前後に細長く、側扁していて、体表は細かい鱗に覆われる。第一背鰭は前後に長いが、前方は鎌状に発達し体高よりも高くなる。腹鰭は3本の軟条が癒着し、紐状に伸びる。 クロカジキに似るが、第一背鰭前端が体高より高いこと、クロカジキより鱗が細かいこと、体が白っぽく平たいこと、吻が長いことなどで区別する[3][4][5]。 成魚は全長3m・体重100kgを超える。上顎は細長く前方に伸び、尖った吻を構成する。背中は濃い藍色で、体側に鮮やかな水色の横縞模様が十数本走る。体型は前後に細長く、側扁していて、体表は細かい鱗に覆われる。第一背鰭は前後に長いが、前方は鎌状に発達し体高よりも高くなる。腹鰭は3本の軟条が癒着し、紐状に伸びる。 クロカジキに似るが、第一背鰭前端が体高より高いこと、クロカジキより鱗が細かいこと、体が白っぽく平たいこと、吻が長いことなどで区別する[3][4][5]。 マグロ延縄・突きん棒・引き縄(トローリング)などで漁獲される。肉は赤身で、脂ののりも良く、日本ではカジキ類の中で最高級品として位置づけられる。また、冷凍しても品質が落ちにくい。刺身、寿司、フライ、ムニエルなどに利用される[1][4][5]。 食料として見た場合、マカジキの体内に含まれる微量の水銀に注意する必要がある。 厚生労働省は、マカジキを妊婦が摂食量を注意すべき魚介類の一つとして挙げており、2005年11月2日の発表では、1回に食べる量を約80gとした場合、マカジキの摂食は週に2回まで(1週間当たり160g程度)を目安としている[7]。

マカジキの見た目の特徴・見分け方

クロカジキに似るが、体つきはやや平たいく側線は直線状。

マカジキの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し
  • 星無し

マカジキ類では最も味がよいとされる。刺身や寿司だね、照り焼きなどで美味しい。

マカジキのレシピ動画

マカジキの解体ショー
マカジキの煮付けの作り方

マカジキの生態域・分布

南日本・日本海・東シナ海 ・琉球列島

マカジキの釣り方

釣り船・ソルトウォータールアーフィッシング

マカジキの釣り場

外洋

Twitterでのマカジキの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!