戻る

マルソウダ 刺毒 中毒 粘液毒

海水

  • マルソウダ画像
  • マルソウダ画像
  • マルソウダ画像
  • マルソウダ画像
  • マルソウダ画像
マルソウダ画像 マルソウダ画像 マルソウダ画像 マルソウダ画像 マルソウダ画像

マルソウダ(丸宗太)

サバの仲間

別名: マルソーダ・マルソウダ・ソウダガツオ・マルソーダカツオ・マルカツオ・マルソーダガツオ・マルソウダガツオ・ソーダガツオ・ウズワ・マルソウダカツオ・ソウダ・スボタ・ロウソク・ローソク
科目: スズキ目サバ科

マルソウダの特徴

生息域はヒラソウダと同じで、南日本に多い。メジカとかロウソクと呼ぶ地方もある。沖合いを群れで回遊することが多いが、外海に面した浜では、エサを追って岸近くまで寄ってkることがある。アジやイサギ釣りの外道によくかかる。

Wikipedia

ソウダガツオ(宗太鰹、騒多鰹)は、スズキ目サバ亜目サバ科サバ亜科マグロ族ソウダガツオ属 Auxis に属する海洋生条鰭類(硬骨魚類)である[1][2]。 同属に分類されるマルソウダ[2]・ヒラソウダ[1]の両種を指す混称でもあり[3]、両種はそれぞれマルソウダガツオ・ヒラソウダガツオと呼ばれる場合がある[4][5][6]。 太平洋など全世界の熱帯・亜熱帯・温帯海域に広く分布する肉食魚で食用に漁獲される[1][2]。 両種とも背部は黒色に近い濃青色・腹部は銀白色だが後述のように有鱗域・鰓蓋上端の黒色斑・背部後半の模様の形状に違いがみられる[7]。 同じサバ科のカツオと同じく鱗は体の前方にしかなく体後部にはないが[8]、カツオと異なり腹側には縞模様が出ない[9]。また類似する近縁種にスマがあるが、ソウダガツオは両背鰭が接近しているのに対し、カツオ・スマは第一・第二背鰭が近接しているほか[8]、スマは胸鰭下独特の斑点があることから区別できる[10]。なおヒラソウダを「スマ」(スマガツオ)と呼び、スマを「モンズマ」など別の地方名で呼んで区別する地域がある[1]。 2種の区別点は以下のようなものがある。 • 体の横断面(個体差あり)[11] - 和名の通りマルソウダは体高が低く輪切りにすると断面は円形に近い一方[2]、ヒラソウダはマルソウダより体高が高く、断面は楕円形である[1]。ただしマルソウダの中にもヒラソウダのように体高がある個体がいるため、これだけでは判別しきれない場合もある[11]。 • 背部の模様(個体差あり) - マルソウダは「やや角ばった荒いまだら模様」が並ぶが、ヒラソウダのようにやや流れるような形の場合もある[11]。ヒラソウダの場合は細めの模様が後方から前方斜め下に向けて流れるよう模様になっているが、模様が荒くマルソウダに似ている場合もある[11]。 o マルソウダは背面黒色部と鰓蓋上の斑点が互いに接するが、ヒラソウダは分離する[11]。ただしこの見分け方でも個体差があるため確実な判別方法ではない[11]。 • 鱗のある領域(有鱗域) - 最も確実な判別方法で、マルソウダは背部・体側中央部から体側後方に切れ込む有鱗域が第二背鰭より後ろまで達し[11]、徐々に細くなる形になっている[2][11]。一方でヒラソウダは第一・第二背鰭の中間で急激に細くなり[1]、糸状になってから[13]側線へ続き[1]、第二背鰭の手前で途切れる[11]。 • 背鰭の棘数 - マルソウダは10 - 11、ヒラソウダは11 - 12[7]。 • 鰓耙数 - マルソウダは44 - 47、ヒラソウダは38 - 42[7]。 • マルソウダは最大全長50cm程度に留まる一方[2]、ヒラソウダは全長60cmに達する個体もいる[1]。 地方名は以下の通り。 マルソウダ • ウズワ - 神奈川県真鶴、静岡県沼津市周辺[2] • コガツオ - 三重県尾鷲市[2][18] • メジカ(メヂカ・メチカとも) - 徳島県・高知県など[2] • マルメジカ[17] • マンダラ - 神奈川県[11] • ロウソク - 三重県志摩地方[11] • ローソク - 幼魚のこと。高知県・和歌山県・東京都・神奈川県にて[16]

マルソウダの見た目の特徴・見分け方

ヒラソウダに比べて体高が低く、丸みを帯びる。エラブタ上部の黒い斑紋が頭部背面の暗色域とつながっている。

マルソウダの毒・危険な部位

  • 刺毒
  • 中毒
  • 粘液毒
  • 危険!

ヒスタミン中毒を起こしやすいので、新鮮でも生食は避けること。

マルソウダの食べ方・食味レビュー

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し
  • 星無し

身はヒラソウダほど脂が乗らない。生食は避け角煮や佃煮がお勧め。そうだ節にするとコクのあるダシが取れる。

マルソウダのレシピ動画

マルソウダ さばき方
マルソウダ 角煮レシピ

マルソウダの生態域・分布

南日本・東シナ海 ・琉球列島

マルソウダの釣種

釣り船・磯・防波堤・海釣り公園・筏・カセ・ボート

マルソウダの釣場

外洋・沖合・内湾・砂地・岩礁・防波堤

Instagramでのマルソウダの投稿

Twitterでのマルソウダの投稿

淡水魚でも海水魚でも
魚図鑑AIアプリ「フィッシュ」なら
無料で魚図鑑が見放題!