一覧へ

イシダイ

  • イシダイ 画像
  • イシダイ 画像
  • イシダイ 画像
  • イシダイ 画像
  • イシダイ 画像
別名: イシダイ・サンバソウ・シマダイ・サンバソー・クチクロ・タカバ・クチグロ・ハス・ギンワサ・ワサナベ・サンバソオ
科目: スズキ目イシダイ科

特徴

本州から台湾までの沿岸とハワイにも分布する。底の荒い岩礁帯や魚礁などにもよくつく。磯底物釣りのメインターゲットで、60cmオーバーが大物の目安。最大全長80cmに達する。あごと一体になった接合歯をもち、成魚はサザエなどの殻もバリバリと噛み割る力を持つ。

形態

幼魚から若魚の間は、黒帯のようにはっきりした横縞が7本あるが、老成したオスはこの縞が消え吻(ふん)と呼ばれる口の部分だけが黒くなるので、クチグロと呼ばれる。メスは少し横縞が薄くなるが消えてしまうことはない。釣り人はオスを銀ワサ、メスを本ワサと呼び分けている。

食味

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し

旬は春から夏にかけて、刺身や洗い、塩焼きなどがうまい。皮の湯引きは最高の酒の肴に。

フィッシュはアプリストアから
無料でダウンロード可能!