一覧へ

ヒラメ

  • ヒラメ 画像
  • ヒラメ 画像
  • ヒラメ 画像
  • ヒラメ 画像
  • ヒラメ 画像
別名: ヒラメ・ソゲ・エテガレイ・ゴソガレ・エテカレイ・バンゴ・ソゲッコ・ベタ・ヤイトカレイ
科目: カレイ目ヒラメ科

特徴

千島列島以南の日本各地に分布し、水深10~200mの砂底や砂礫底に多い。魚食性で口が大きく、エサを見つけると海底から4、5mも飛び上がって食べることもある。ノマセ釣りで狙うときは、イワシや小アジエサが最上で、生きたものを泳がせて釣る。よく釣れるのは70㎝ぐらいまでだが、1mを超えるものもいる。

形態

体は著しく扁平し眼が体の左側に寄っている。口は大きく鋭い歯が両あごに一列に並ぶ。眼がある方の体の表面に眼のように見える斑点が3つある。

食味

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印

寒ビラメといわれるように旬は産卵前の冬。刺身、寿司だね、昆布締めにムニエルなど、クセがないので料理法は多い。特にヒレの付け根にある縁側と呼ばれる筋肉が珍重される。

フィッシュはアプリストアから
無料でダウンロード可能!