一覧へ

マダラ

  • マダラ 画像
  • マダラ 画像
  • マダラ 画像
  • マダラ 画像
  • マダラ 画像
別名: マダラ・タラ・マタラ・タヌキ・ポンタラ
科目: タラ目タラ科

特徴

日本海および北日本太平洋岸に分布。大陸棚周辺部の水深200~300mの底層に多いが1~2月の産卵期には水深50m付近にくる。貪食で魚類、イカ類、甲殻類などを食べる。老成魚は1mを超える。

形態

背ビレが3基、臀ビレが2基ある。上あごは下あごより突出する。体色は背側が茶褐色でまだら状の斑紋があり、腹側は白い。下あごに1本の短いひげがある。

食味

  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星印
  • 星無し

大きいものほど美味しい。旬は冬。鍋物、汁物のほかフライも定番。白子のホイル焼きは絶品。

フィッシュはアプリストアから
無料でダウンロード可能!